本文へスキップ

救急・労災指定診療所  088-843-1002


TMS(経頭蓋磁気刺激)治療・ボツリヌス療法について

脳卒中後遺症に対する治療として

当院では、脳卒中を発症してから1年〜数年が経過していても、麻痺や筋緊張亢進による可動制限、痛みの改善が期待できるとして注目されている、TMS(経頭蓋磁気刺激)治療・ボツリヌス療法を実施しています。


TMS(経頭蓋磁気刺激)治療とは

TMS治療に用いる、磁場を発生させる機械照射時に痛みはありません

磁場を発生させる機械(写真)を使用し外部から大脳に刺激をすることによって、障害を受けた脳を活性化させます。照射時に痛みはありません。
それと併用して集中的なリハビリテーションを実施することで、機能回復が期待できます。
上肢の麻痺の回復に有効です。

適応する方(効果が期待できる方)は、脳卒中が原因の上肢麻痺(片麻痺)、麻痺側の親指・人指し指・中指の3指が曲げ伸ばしができる方、認知機能に問題がない方です。


ボツリヌス療法とは

ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンを有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。
そのため、ボツリヌスキトシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができます。

脳卒中後、麻痺側の筋緊張が亢進し可動性が低下して、更衣がしにくい、洗体がしにくい方や筋がつっぱって痛みがある方に効果的です。
効果は3ヶ月程持続しますが、徐々に消えてしまうので年に数回、注射を受けることになります。


TMS治療・ボツリヌス療法を受けて効果が得られた方の一例

TMS治療・ボツリヌス療法を受けた方のリハビリ右上肢にボツリヌス療法 実施
TMS治療 実施

  • 右肘を伸ばす時に筋肉がつっぱり痛みがあったが、痛みが無くなり伸ばしやすくなった
  • 字が書きやすくなった
  • 麻痺側の右手で自助箸を使って食事ができるようになった

写真:自助箸を使用してのリハビリ場面

TMS(経頭蓋磁気刺激)治療・ボツリヌス療法を希望される方へ

外来にて診察を受けていただく必要があります。
診察結果により、治療が適応外となる場合もあることをご了承ください。

診察は予約制です。
予約の際「TMS治療・ボツリヌス療法を受けたいので診察予約をとりたい」とお伝えください。

予約電話番号 088-843-1002 (8:30〜17:00)