本文へスキップ

救急・労災指定診療所  088-843-1002


一般事業主行動計画

国は平成15年に、少子高齢化対策への取り組みとして、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)を定めました。企業に対しては、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育まれる職場環境の整備を求めています。

一般事業主行動計画(以下「行動計画」)とは、次世代法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むにあたって、(1)計画期間、(2)目標、(3)目標達成のための対策及びその実施時期 を定めるものです。

従業員101人以上の企業には、行動計画の策定・届出、公表・周知が義務づけられています。
当院は以下のような行動計画を策定し、子育て支援につとめています。


医療法人恕泉会 行動計画

職員一人ひとりが能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間


平成29年 1月1日 〜 平成30年 12月31日 の2年間

2.内容


目標 小学校就学前の3歳以上の子を養育する労働者に対する
短時間勤務制度の策定
 対策   平成29年1月〜 就業規則の変更並びに育児休業規定の整備
 平成29年9月〜 職員への周知及び情報提供を開始

目標  年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施
 対策   平成29年1月〜 検討開始
 平成29年4月〜 年次有給休暇に関する労使協定を締結
年次有給休暇付与計画の希望表を作成
年次有給休暇付与計画表を作成、発表
 平成29年5月〜  年次有給休暇付与計画表に沿って前期日程開始
 平成29年10月〜  年次有給休暇付与計画表に沿って後期日程開始


恕泉会の一般事業主行動計画は、厚生労働省両立支援のひろばに掲載されています。