本文へスキップ

救急・労災指定診療所  088-843-1002


リハビリテーション科

いつまでも住みなれた地域でのぞむ生活がおくれるようにお手伝いをします。

内田グループリハビリテーション部には、高知県が勧めている健康を守るための最低限知っておきたいケアの知識・技術研修『高知家統一基本ケアセミナー』の講師・サポートできる人材が多く所属しています。

外来リハビリテーション
脳血管疾患や運動器疾患のリハビリを行ないます。医師による診察、処方が必要です。平日仕事で来院できない方等、日曜日にもご利用いただけます。 【くわしく】

入院リハビリテーション
土・日・祝日を含む365日リハビリテーションを提供します。退院後の生活が不安なく行なえるように入院時から対応します。 【くわしく】

ノーリフトケアへの取り組み
力任せにならない、患者さんにも職員にも優しいノーリフトケアに取り組んでいます。 【くわしく】

外来リハビリテーション

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)や骨折、人工関節置換術、廃用症候群等の運動器疾患のリハビリを行ないます。
医師による診察、処方が必要となります。リハビリ内容、期間、頻度などご相談させていただきます。医療・介護保険などのリハビリ併用は原則行えません。
詳しくはお問い合わせください。

以下の症状・状態の方も対象となります。

● 片頭痛や肩こり、五十肩、腰痛 (膝痛)で日常生活でお悩みの方
頚椎・腰椎のゆがみ、肩や腰周辺筋肉のこわばりが血液循環を悪くして症状が出ている場合は頚部・腰部のストレッチ、マッサージ、温熱療法を行ないます。

● 顔面神経麻痺の方
リハビリにてマヒの進行を防ぎ、非対称さを緩和します。自宅で出来るプログラムをお伝えします。

● 加齢に伴い出来ていたゴミ出しや家事、散歩が大変になってきてると感じる方
立ち上がり運動等で筋力を強化、歩行訓練でふらつきを改善します。パワーリハビリマシン、集団体操も活用します。自宅で出来るプログラムをお伝えします。




『マッサージ』
筋肉をほぐし循環を良くして肩こり、腰痛、足の疲れを改善します。

入院リハビリテーション

365日のリハビリ提供体制

回復期リハビリ病院におとらないスタッフ配置で、土・日・祝日を含む365日リハビリテーションを提供します。
重度障害の方、老々介護となる方にも安心して住みなれた地域で生活できるよう、福祉用具や介護方法を検討し最大限の生活能力を引き出します。

機能回復はもちろんのこと、退院後の生活が不安なく行なえるように入院時から対応します

◎身体の機能改善(マヒ・筋力・持久力・バランス力)
◎寝返りや起き上がりなどの基本的な運動能力の向上
◎日常生活動作の獲得や家事動作、復職の援助
◎失語症や構音障害などコミュニケーションに支障をきたした方への治療
◎摂食えん下障害の治療、ご家族への支援
◎補装具の検討
◎便利な福祉用具の紹介
◎介助方法の伝達
◎自宅改修(浴室・トイレ・玄関の段差、手すり設置)の提案
◎24時間の過ごし方を考え、介護サービスを提案
◎ケアマネージャーとの連携

資格

理学療法士6名 作業療法士5名 言語聴覚士3名

その他
3学会合同呼吸療法認定士2名
介護支援専門員(ケアマネージャー)2名
住環境コーディネーター2名
ノーリフトケアコーディネーター1名

療法士以外の資格を有するスタッフも在籍

ノーリフトケアに取り組んでいます

引きずる、抱え上げる、といった力任せのケアは介助される側の筋肉や関節を硬くし、活動しにくい身体を作ります。
ノーリフトケアは引きずる、抱え上げる、力任せのケアではなく、患者さんにも職員にも優しいケアです。

スライディングシート
シートを敷くと滑りやすくなり、寝ている位置を上下左右に変えられます。



ボード
ベッドから車椅子に移るとき、抱えあげずにボードの上を滑らせて移ります。



リフト
包まれて安心、かんたん操作で介助もらくになります。





理学療法

起き上がり、立ち上がり、歩行の困りごとの解決をしていきます。

立ち上がり・歩行訓練
  

クッション・補装具(状態にあわせてご提案します)
  

作業療法

日常生活をより快適に過ごせるように訓練に取り入れます。

日常動作訓練(つまみ動作)


自助具の紹介
 

言語聴覚療法

話しにくさ、食べにくさの改善に取り組みます。